ずぶぬれの二人の世界

70年代のCD化されない埋もれたフォークソングとボカロが大好きです。

房総の温泉・座頭市の石碑・老舗の蕎麦屋

今週のお題「あったか~い」f:id:natumeroyoko1:20211127191648j:plain

 友人宅に泊まった翌日は、二人で日帰り温泉に行きました。
 飯岡しおさい温泉ホテルで、久々に黒湯の温泉を楽しんだ。冷えた身体が温まる。
 そのあと、二人で周辺を散歩した。
 「座頭市物語」の文学石碑がホテルの敷地にあった。勝新太郎ビートたけしが演じた盲目の剣術者の映画はヒットしましたが、座頭市は幕末の房総にいた実在 の盲目の侠客だそうです。ただし、映画は原作より脚色もあるようです。
f:id:natumeroyoko1:20211127191650j:plain
 海岸では、若者がサーフィンをしていた。きらきら光る波の向こうに消えて行く引き締まった身体の若者たちは、まるで人魚姫のよう、
東日本大震災の時は、この辺りも津波の被害を受けたのよ。あのホテルの一階もやられた。津波がきたら、ホテルの上の階まで避難しなくては」
f:id:natumeroyoko1:20211127191652j:plain
 友人は入院しているお母様に会うために病院に立ち寄り、私はロビーで待った。新型コロナのため、面会は短時間だった。
 育児も介護もこなし、孫の顔も見れた友人が、少し眩しく見える。私は、のほほんと生きてきた。
 それはともかく、お昼は駅前の老舗の蕎麦屋で食べることにした。
「昔は本家に行くとこの蕎麦屋から出前をとった。あの寿司屋は同級生の誰ちゃんが継いだ。どこそこのガソリンスタンドは、同じ中学をでた某ちゃんが経営している」
と友人が思い出話をする。小さい町で、みんな、それぞれの役をこなして生きているのだろう。
 お蕎麦はおいしかった。また会おうねと約束しました。
f:id:natumeroyoko1:20211127191655j:plain

遺品のギターや三味線と、猫さん

f:id:natumeroyoko1:20211127144432j:plain

 先日、新宿で会った友人が、お母様の介護のため千葉県の実家に滞在しているので、会いに行きました。

 広い家には、かつては店をやっていた離れがあり、亡くなったお父様は三味線、ギター、鳴り物は何でもできる芸達者、お母様も陶芸などできて、

 室内には、たくさんの楽器、着物、食器、飾り物、各地の土産品、本、剥製の鳥、絵画、記念写真、箪笥、家具などおびただしく並ぶ。

「よく、三味線やギターを何本も所有する人がいますが、1度訊いてみたいが、火事になったらどれを持って逃げるのでしょうか」

「すごい量の品物でしょ。遺品整理はどうやって片付けたら良いのか。ヤフオクで売るにしても、詳細が分からないし」

「この津軽三味線はこの部分が金で、高い楽器でしたね。この、皮の破れた三味線は、中が、綾杉彫りになって、紅木でこれも高い楽器です。

 このギターはたぶん70年代のジャパンヴィンテージの鈴木バイオリンで作ったもの、あのギターはモリス。良い楽器ですが、弦は錆びてメンテナンスされてない。

 楽器は、(私を弾いてくれ)と叫んでますよ。お父様は、こんな良いものばかり遺して、死にたくなかったでしょうね」

「父は、死にたくないと言っていた。自由人だったからね。でも、ギターや三味線はコロナで練習する人もなく、売れない。特に三味線は売れない。着物も服もよ。貴女も、死ぬ前には、家財道具の整理をした方が良いよ、後に残された人が困るから」 

 使われないギターや三味線は、寂しそうだった。

 私たちはそのあと、ダイニングキッチンで、買ってきたお総菜とワインを飲みながら語りあった。

 お母様が世話している雄の元野良猫と、その雄猫が口でくわえて拾ってきた雌の子猫(今は大きくなった)がいて、夜はストーブのそばに寄り添っていた。

 雄猫は野良猫時代に猫エイズになり、昼間は外にいて夜は家にいて、人間が食べるものを好んで食べていた。雌猫は最初から室内で飼われていた。

 親子でも夫婦でもない猫が猫を拾ってきたが、仲良く寄り添って、可愛かった。

 お母様は猫を可愛がるために、施設にも行かず、自宅で暮らしていた。命にはそれだけの価値があるのだ、使われない物質より、生きる命は愛しく可愛いのだと痛感した。

 夜はそこに泊まりました。

f:id:natumeroyoko1:20211127144434j:plain

f:id:natumeroyoko1:20211127144437j:plain 

「メンタルエラー」リリイベのライブ

f:id:natumeroyoko1:20211125215520j:plain

 本日、池袋のサンシャインシティ噴水広場で、「メンタルエラー」というバンドがファーストアルバム「心中メリーゴーランド」リリース記念フリーライブがありました。

 ダークな病んだ世界を歌い上げる、ビジュアル系バンド?と思いましたが、トークは明るく健康的、ダンスは切れがあり、歌唱力も高い人たちでした。最近の歌は転調また転調で、音域広いのが、スタンダードなのね。

「全員、男性なんだね。ツインテールのスカートの人も。・・イザム」

「貴方のミュージックシーンは、昭和のままですか」

 曲目は、心中メリーゴーランド、Trick & Trick、Muddy Water 、Vampire Kiss 、狼煙IN ROOM。

 どの曲も良かった。 

#メンタルエラー

#心中メリーゴーランド  

びっくりドンキーで食事・友人と新宿御苑へ

f:id:natumeroyoko1:20211124191424j:plain

f:id:natumeroyoko1:20211124191426j:plain

 今日は野良猫と、結婚記念日恒例の、池袋のびっくりドンキーで、ハンバーグ定食とチョコパフェを食べました。おいしかった。

 かなり昔、びっくりドンキーには、メリーゴーランドという名前のパフェがあり、中に白玉だんごが入っていたが、パフェは今も白玉だんごが下に沈んでいた。

 午後は、札幌から友人が来るので、千駄ヶ谷で待ち合わせをして、新宿御苑のなかを案内した。池があり、庭園が美しい。

「御苑ってずいぶん、松がたくさんあるわね。昔、大名屋敷だったかしら。私、健康のために、松葉粉末を飲んでいるの。松を見ると使えるかと思ってしまう」

「これ、黒松よ。あれはドイツの松」

 そのあと、温室にいき、熱帯植物を見た。珍しい蘭や、ポインセチアなどがあった。友人は、あれは朝鮮あさがお、これは何とか、と説明し、あまりの記憶力に驚く。

 新宿御苑を見てから、あらかじめ下見した道を通って、友人が宿泊するホテルまで行った。

 友人が、ペニシリンというバンドのライブを見るので、アイランドタワーまで行き、時間までサンマルクで二人でお茶しました。クリスマスツリーが綺麗だった。

f:id:natumeroyoko1:20211124191429j:plain

f:id:natumeroyoko1:20211124191431j:plain

松葉を食べる健康法

f:id:natumeroyoko1:20211123082620j:plain
はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由」 

 夏の終わりころ、立ちくらみや急な眠気が起き、気持ちが落ち込むが、血液検査や内臓は特に悪くなく、低血圧か更年期か、と言われました。ただ、ちょっとコレステロールが高い。
 急な眠気、とは脳に血液あるいは酸素が行かないのかな、これじゃあ頭も悪くなるな。
 薬局に行くと、「松壽仙」を勧められ、松葉のエキスらしいが、これはお値段が高い。  
 考えた末に、松葉粉末(赤松)と熊笹粉末を500グラムずつネットで買って、それを混ぜたものをお湯に溶かして、松壽仙もどきを作り、1日に3、4回飲みました。
 とりあえずは急な眠気や立ちくらみは無くなり、長い距離を歩けたりもできた。
 食べたものが脂肪にならず、エネルギーになってきたか、わずかだが、体重が落ち、気持ちも楽になった。
 以前は寝ても寝ても眠く、舌が白っぽかったが、舌は少し白さが消えた。
 私が昼寝をしなくなったのを見た野良猫も、松葉粉末をやりだし、今では
松たか子を持ってきて」と言えば、松葉粉末のことです。
 松葉だけでは苦いが、熊笹粉末もあるので、爽やかな口当たり。
 医学博士の山ノ内慎一という人が、「ガン・老化に勝つ松葉の力」という冊子を出しており、このまま体力が出ると良いと思います。
 年金が出るまでは、バイトをしたいし、まずは体力がないと何もできない。
 
 松葉の効能に、コレステロールを下げる、血流を良くして認知症を防ぐ、があるそうで、
 ただでさえ頭が悪いのだから、これ以上は悪くなりたくないと思います。

 ネットで見たが、「日月神示」という書物に、「松食せよ、松食せばわからん病治るのぢゃぞ」という文言があるらしく、
 これを、新型コロナに感染しない、あるいは新型コロナワクチンの解毒になると解釈した人が、松葉粉末を購入しているらしい。
 が、それは拡大解釈ではないかと思う。だが、眠気だけでも無くなれば、動けるので有りがたい。
 体力があれば、今後、母的友人などの買い物やいろいろできる。ギターの練習も少し楽になった。多少は周囲に還元できたらいいけど。
 
#松葉粉末

 

区民広場の落語会・がまの油は今もある

f:id:natumeroyoko1:20211119134334j:plain

 豊島区区民広場仰高で、アマチュアの落語家さんによる落語会があり、行ってみました。

 板橋区西台駅から巣鴨駅まで二時間ちょっと歩き、区民広場には15分前に着いた。豊島区民でなくても、入場できた。

 着物姿が綺麗な女性落語家が、「火事息子」を演じました。神田三河町(今は内神田あたり)の伊勢屋という質屋の若旦那が火事が好きで、勘当されて飯田町(今の飯田橋)の火消しとなり、体には刺青という成りになったが、火事が起きてたまたま通った伊勢屋の壁の目塗りをしたことから、両親と再会、母親が息子を思う情景を演じ、すごく上手だった。思わず、泣いたじゃないか。

 神田から飯田橋までは、そんなに離れていない。

 東京に住んでから、落語を聞いても、舞台の位置関係が分かるようになりました。

 それから、「がまの油」「子はかすがい」をみました。

 がまの油は、ネットで調べると、ワセリンに薬品を加えて、今もあるようです。

f:id:natumeroyoko1:20211119135627j:plain 

 子はかすがいでは、別れた子供と再会した父親が息子に小遣いを渡すと、子供は「鉛筆を買っていい?今使っているのは短くなった」と父親に尋ねる。

 私が若いとき、短くなった鉛筆のおしりに、金属のサック?を刺して、鉛筆を伸ばして使う、ということがありました。あの金属のサックは、もう、無くなっただろう。

新宿で下見しながら俳句

f:id:natumeroyoko1:20211117175028j:plain

寄席の灯に誘われる夜の新酒かな

献花無き遊女供養碑秋の風

栗飯のおすそ分けとは有りがたし

黄落や奪衣婆笑う遊廓跡

    # #

 来週、友人が上京し、千駄ヶ谷から新宿御苑を見たいというので、下見のために、千駄ヶ谷から新宿を歩き、ついでに俳句を作る吟行も兼ねました。

 千駄ヶ谷駅から、外苑西通を通って、友人が泊まるホテルの場所を確認し、地図を拡大コピーした。

 それから、新宿2丁目3丁目を、思い出に浸りながら歩いた。

 新宿2丁目には、奪衣婆という死後に死者の着物を剥ぎ取る神様を祀るお寺が二つもあった。着物を剥ぎ取るということで、遊女に信仰されたそうで、新宿は昔、遊廓があり遊女(飯盛女の名前で)がいたそうです。

 太宗寺と正受院には奪衣婆が、成覚寺には遊女の供養碑があった。昔の人は大変だったと思う。今の自分はのんきに生きている。 

 

 新宿は、今は、ゲイなどのセクシャルマイノリティの方の居場所になっているようだ。

 かつて、くいーんなどの雑誌を買った「ルミエール」という本屋を探したが、よく分からなかった。

 新宿3丁目では、以前行ったスナックなど今は無くなって、諸行無常。  

 新宿3丁目の末広亭は健在だった。落語を聴きたいなあ。

 それから、かつて行った鍼治療院を再訪した。体力と健康だけが大事だと思った。