ずぶぬれの二人の世界

70年代のCD化されないフォークソングとカラオケに載らないボカロが好きです。

「長良川艶歌」でギターと三味線合同練習

f:id:natumeroyoko1:20210926205343j:plain

 母的友人の自宅にて、ギターと三味線で「長良川艶歌」「芸者ワルツ」を合同練習しました。

 三味線を一尺六寸の尺八に合うように、Eの音にして、ギターはEmになるようにした。

 だが、仮に尺八が入るとして、一尺六寸とEは完全に同じ音ではない気がしたが、その時は、尺八に合わせるか。

 長良川艶歌は、藤圭子という人の歌では、2カポのEmなので、それを聞いて練習しました。

 母的友人が、三味線でメロディを弾くので、私がEm、Am、B7でまわす。

 そのあと、

短調なら三味線を一尺六寸のEにして、ギターはカポなしのEmですが、長調ならどうなりますか。貴女が一尺六寸のままだと、私はどこにカポを合わせれば良いかを確認したいです」

 そこで、「矢切の渡し」をやると、三味線が一尺六寸なら、4カポだとCでできた。

 図書館から、石原詢子という人は演歌のCDを借りたが、音飛びがひどかった。